市役所に相談すれば葬儀費用はでるのか

市役所に相談すれば葬儀費用はでるのか 多くの場合、病院で臨終を迎えてそのまま、葬儀屋に頼んで自宅や斎場に故人を連れて帰ってから葬儀が始まります。しかし、葬儀屋に依頼した時点で料金が発生するため、どの程度の金額があれば葬儀を行う事ができるのか心配して市役所などに出向いて相談している人もいるでしょう。実際に、市役所では葬儀に関しての斡旋をしているわけではありません。市民葬などを行っている自治体の場合は市役所が窓口となりますが、市民葬を行っている自治体はごくわずかなため、費用を自治体が出してくれるという事はまずないのが現実です。実際に市民葬も自治体が全ての金額を出してくれるわけではなく、数万円の実費が必要な場合もあります。その数万円を捻出できない場合はどのようにしたらいいのでしょうか。

市役所に葬儀の事で出向く場合、国民健康保険に加入している人が多く、それは社会保険でいう埋葬料の手続きをするために行く必要がある人がほとんどです。これも数十万円単位でお金がでるわけではなく、数万円程度から十万円程度が相場となっており、葬儀後に手続きをする必要があるため、これから葬儀という場合には困ってしまうケースもあります。特に市役所で相談に訪れる必要がある人は、生活保護をもらっているケースの人です。生活保護をもらっている人の場合、葬儀費用も保護費から出るため、請求する必要があります。葬儀を出す事が難しい、余裕がないと一人で悶々と悩んでいる場合は、早い段階で生活保護の申請をしておくか、または市民相談などで葬儀に関しての相談をしておくと良いでしょう。大切なのは一人で抱えこまずに誰かに相談をしてみる事です。

葬儀の費用は一般的な葬儀を行った場合、どうしても数十万円はかかります。通夜、告別式を行わずに火葬のみの火葬式を行った場合も、15万円から20万円前後はかかるので、全くお金をかけずに葬儀を行う事はまず不可能という事を知っておくことが大切です。特に病院で亡くなった場合は、早い段階での決断を迫られます。金銭的に困っている場合は、やはり一度市役所などの相談を利用するなど、もしもの時に備えて何か対策を練っておくようにしましょう。葬儀の事など、市役所に一度相談に訪れる事で、悩んでいる事を他の人と共有する事ができます。自分一人ではなく誰かと共有している事を知ると、孤独になる事はまずないので、上手に相談をしながら一つずつ不安を改善して行く事が大切です。

最新ニュース